JASBEL 基礎教育保障学会

学会誌ダウンロード
学会誌『基礎教育保障学研究』第3号 投稿規定 2018.09.08

『基礎教育保障学研究(The Journal of the JASBEL)』投稿規程(改訂版2018.9)は、右下のボタンからダウンロードできます。

・投稿者要件
・原稿要件
・投稿区分
・査読
・文字数
・執筆上の留意点

 

学会誌『基礎教育保障学研究』第3号 執筆要項 2018.09.08

『基礎教育保障学研究(The Journal of the JASBEL)』原稿執筆要項(改訂版2018.9)は、右下のボタンからダウンロードできます。

応募の際は、原稿執筆要項を熟読し、上下余白、行数、文字数、フォント、図表、引用などの定められた様式を遵守してください。

 

『基礎教育保障学研究』第2号 執筆の際の書式設定 2017.10.24

『基礎教育保障学研究』第2号の投稿原稿を執筆する際の書式設定

(上下余白、行数、文字数、フォント、図表)については、

右下のボタンからダウンロードしてください。

『基礎教育保障学研究』第2号 執筆上の留意点 2017.10.24

学会誌への投稿に際しては、このページで公開している「投稿規定」「執筆要項」ならびに

「書式設定された形式」をご熟読ください。

留意点についてまとめた文章を右下のボタンからダウンローできます。必ずご確認ください。
特に、投稿規定6.(4)では「22字×41行の2段組とする」とありますが、

第2号より変更いたしました。会員の皆様の積極的な投稿をお待ちしてます。

【お詫びとご連絡】論文投稿時の書式の準備状況 2017.05.30

『基礎教育保障学研究』編集委員会より、会員の皆様にご連絡いたします。

現在、創刊号(2017年8月末に刊行)の論文募集(2017年5月末〆切)

が行われておりますことにつき、次のとおり、ご連絡致します。

 

1、「投稿規定」では、下記のように論文の「書式設定されたWord又は一太郎の形式」について

記載しておりますが、まだ準備が整っておりません。

早急にダウンロードできるようにいたしますので、今しばらくお待ち下さい。

 

「7.投稿規定に沿う書式設定がなされた Word 形式または一太郎形式、テキスト形式の電子ファイル

と原稿送り状は、基礎教育保障学会のウェブサイトからダウンロードできるので、利用を推奨する」

 

2、当面は、以下の規定に沿って原稿をお送り下さい。

「A4 判で横書き。原則としてパソコン・ワードプロセッサーで作成し、22 字×41 行の2段組とする。

題目、見出し、本文、注、引用文献、参考文献のフォントは、MS 明朝で、10.5 ポイントとする。」

 

学会誌への投稿希望の皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

以上、どうぞ、よろしくお願いいたします。

原稿送り状 2017.05.24

原稿送り状は、右下のボタンからダウンロードできます。

 

『基礎教育保障学研究』投稿規定で、「原稿(図・表の別ファイルを含む)はWord形式

または一太郎の電子ファイルとし、原稿送り原稿送り状ともに、編集委員会事務局まで

メール添付送信する。その時の件名は『基礎教育保障学投稿(著者名)』とする」

ことになっております。どうぞよろしくお願いします。

学会誌『基礎教育保障学研究』創刊号 投稿規定と執筆要綱 2017.03.10

「投稿規定」と「執筆要項」は、右下のボタンからダウンロードできます。(A4判・計4頁)

「投稿規定」には、投稿者要件、原稿の種類と要件、執筆上の留意点が書かれています。

原稿を執筆される際は、「執筆要項」の形式を遵守してください。

 

投稿区分は、「研究論文」、「展望論文」、「実践論文」、「研究ノート」(以上、学術論文)、

「報告」、「評論」、「資料」、「書評」、「その他」、です。

学術論文には、2名の査読者(覆面)がつきます。

現場の躍動感あふれる実践論文や報告もぜひ投稿ください。

基礎教育保障のために共有したい資料や本の紹介も歓迎します。

学会誌『基礎教育保障学研究』編集委員会規定 2017.03.10

学会誌の「編集委員会規定」は、右下のボタンからダウンロードできます。

編集委員の選定と運営、査読体制、規定の改訂方法について書かれています(A4判・1頁)。