JASBEL 基礎教育保障学会

  • ひらがなページ
  • English Page
  • 한국어
重要なお知らせ

2020.10.22

日本学術会議の第25期新会員任命についての緊急声明

私たちは、基礎教育を保障する社会の実現にむけて「学問の自由」にもとづく政策提言が不可欠であると考えています。本学会理事会として緊急声明を発表しました。

当学会からの声明文・要望書
  • 当学会について
  • 学会誌ダウンロード
  • 大会情報
  • ニュースレター
  • 文献ガイド
  • 関係機関ガイド
  • 教材案内
TOYOTA助成による日韓共同プロジェクト

イベントカレンダー

タイトル

日韓シンポジウム コロナ禍 の基礎教育保障の現状と展望

説明
新型コロナウィルス感染症のパンデミックは、識字・基礎教育の現場にも大きな影響を与えています。基礎教育保障学会と韓国の全国文解・基礎教育協議会は、2017年から継続的な 交流を重ねてきました。今回、コロナ禍における両国の状況や現場の創意工夫についての意見交換を目的 としたオンラインシンポジウムを開催します。厳しい状況の中でも、元気をもらいあい、希望につながる時間にしたいと思います。申込方法はチラシをごらんください。
日時
2021年12月18日14:00~17:00
場所
ZOOMによるオンライン開催
主催
主催: JPSS科研費 基盤研究(C)18K02350 共催:基礎教育保障学会、全国文解・基礎教育協議会
タイトル

教育を受ける権利の実質化をめぐって―教育機会確保法成立 5 周年を機に、まずは夜間中学から考える―

説明
教育機会確保法が成立して5年。教育学研究としては、とりわけ教育機会確保法に伴う教育の質的実質化とは何かを探求する必要があります。今回、夜間中学に焦点をあて、そこで目指されるべき教育の「質」について、添田祥史(福岡大学)、見城慶和(えんぴつの会 元夜間中学教諭)、木村政伸(自主夜間中学・福岡『よみかき教室』共同代表)からの報告をもとに議論します。申込方法はチラシをごらんください。
日時
2021年11月21日13:30~17:00
場所
ZOOMによるオンライン開催
主催
九州教育学会

過去のイベント一覧

書評の紹介

ここでは、学会誌『基礎教育保障学研究』でとりあげた書籍の書評を紹介しています。

  • 書籍タイトル

    多文化共生と夜間中学─在留外国人の教育問題─

    書籍著者

    大重史朗

    評者

    大多和雅絵

    出版社

    揺籃社

    発行年

    2021年5月

    ISBN

    978-4897084541

  • 書籍タイトル

    子ども・若者支援のパラダイムデザイン─ “第三の領域” と専門性 の構築に向けて─

    書籍著者

    生田周二

    評者

    井口啓太郎

    出版社

    かもがわ出版

    発行年

    2021年5月

    ISBN

    978-4780311549

  • 書籍タイトル

    韓国のオルタナティブスクール─子どもの生き方を支える「多様な 学びの保障」へ

    書籍著者

    宋美蘭編著

    評者

    山田泉

    出版社

    明石書店

    発行年

    2021年2月

    ISBN

    978-4750351582

  • 書籍タイトル

    インタラクティブゼミナール 新しい多文化社会論-共に拓く共創・協働の時代

    書籍著者

    万城目正雄・川村千鶴子編著

    評者

    野山広

    出版社

    東海大学出版部

    発行年

    2020年2月

    ISBN

    978-4486021872

  • 書籍タイトル

    多文化社会の社会教育─公民館・図書館・博物館がつくる「安心の居場所」

    書籍著者

    渡辺幸倫編著

    評者

    石川敬史

    出版社

    明石書店

    発行年

    2019年3月

    ISBN

    978-4750348094

  • 画像は出版社のホームページより転載

    書評の掲載については、こちらからご相談ください。

    過去の書評