JASBEL 基礎教育保障学会

  • ひらがなページ
  • English Page
  • 한국어
当学会からの声明文・要望書
  • 当学会について
  • 学会誌ダウンロード
  • 大会情報
  • ニュースレター
  • 文献ガイド
  • 関係機関ガイド
  • 教材案内
TOYOTA助成による日韓共同プロジェクト

イベントカレンダー

タイトル

第6回識字・日本語学習研究集会 若者たちの識字・基礎教育を推進する

説明
「よみかきことば・つながるための学習」を支援するための研究集会です。参加費無料。午前の全大会はパネルディスカッション、午後の分科会は次の5つです。A:識字・日本語教育政策下の現場の実態と課題、B:多様な学習者が共に学ぶ場をめざして、C:識字・日本語学習を必要とする子どもたち、D:学習者が必要としている学習内容を組み立てる(教材づくり)、E:学習者をはじめみんなが運営に関わる教室をつくる。申込方法はチラシをご覧ください。一時保育もあります。
日時
2020年01月25日10:00~16:30
場所
大阪教育大学天王寺キャンパス
主催
大阪教育大学 教職教育研究センター、識字・日本語学習研究集会実行委員会
タイトル

共に学び、生きる共生社会コンファレンス近畿・中国ブロック 障害があってもなくても、もっと自由にもっと楽しく学ぶ

説明
障害者権利条約の批准等を踏まえ、誰もが、障害の有無にかかわらず共に学び、生きる共生社会の実現に向けて、障害者の地域における学びの場を全国的に整備することが急務です。そこで、障害者の生涯学習活動の関係者を集めた『共に学び、生きる共生社会コンファレンス』を全国6ブロックで開催します。今回は、近畿・中国ブロックのご案内です。ミニ講演会、パフォーマンス、ダンス、演劇、シンポジウム、「文化と学び」、「生きることと学ぶこと」、「体と学び」、「社会につなぐ学び」の4テーマにもとづくポスターセッションと分科会。問い合わせ・申込方法はチラシをごらんください。
日時
2020年01月31日
場所
兵庫県民会館けんみんホール他
主催
兵庫県教育委員会/文部科学省
タイトル

岡山に夜間中学を! 馳浩講演会&シンポジウム

説明
多くの人が「学び直しの場」を求めて岡山自主夜間中学校で学んでいます。しかし、岡山にはいまだ公立夜間中学校がありません。教育機会確保法の成立に尽力された馳浩氏をお呼びして、講演会とシンポジウムを企画しました。シンポジストは、城之内康仁さん(岡山に夜間中学校をつくる会代表)、岡田敏之さん(京都教育大学教授)。資料代1,000円。お問い合わせ先は、チラシをごらんください。
日時
2020年02月01日13:30~
場所
岡山コンベンションセンター展示ホール
主催
岡山に夜間中学校をつくる会
タイトル

共に学び、生きる共生社会コンファレンスin関東甲信越ブロック

説明
障害者の地域における学びの場を全国的に整備することをめざした『共に学び、生きる共生社会コンファレンス』の関東甲信越ブロックのご案内です。第1回「ココロの詩」最優秀作品受賞曲の披露、シンポジウム「障害者発・新しい学びの提起―「健常者」中心の学びを超えて」、3つのワークショップ(①バリアフル・レストランを考える、②ヒューマンライブラリーへようこそ、③音楽でつながる体感ワークショップ)、5つの分科会(①社会教育が取り組む生涯学習支援、②「高等教育」におけるインクルージョン、③カフェを介した「共生の学び」実践、④エンパワーメントに向けた学びのアウトリーチ、⑤当事者研究がもたらす学び)。問い合わせ・申込方法はチラシをごらんください。
日時
2020年02月14日10:00~17:15
場所
東京大学 本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター等
主催
一般社団法人福祉教育支援協会、文部科学省  共催:東京大学大学院教育学研究科
タイトル

共に学び、生きる共生社会コンファレンス㏌北海道 ともに学ぶ共生社会を目指して 社会教育の実践を通じたコミュニティの可能性

説明
障害者の地域における学びの場を全国的に整備することをめざした『共に学び、生きる共生社会コンファレンス』の北海道ブロックのご案内です。シンポジウム、3つの分科会(①語りあおう「ともに生きる地域コミュニティについて~障害があってもなくても~」、②企画してみよう「障害のあるひとないひと いっしょに楽しむイベントってどんなもの?、③「みんなが抱えるモヤモヤをワクワクへ~障害の種別を超えたその先に~」)。問い合わせ・申込方法はチラシをごらんください。
日時
2020年02月22日10:00~16:00
場所
札幌市生涯学習センターちえりあ
主催
医療法人稲生会/文部科学省

過去のイベント一覧

書評の紹介

ここでは、学会誌『基礎教育保障学研究』でとりあげた書籍の書評を紹介しています。

  • 書籍タイトル

    ウェルビーイングを実現する学力保障 教育と福祉の橋渡しを考える

    書籍著者

    高田一宏

    評者

    棚田洋平

    出版社

    大阪大学出版会

    発行年

    2019年2月

    ISBN

    978-4872596328

  • 書籍タイトル

    『生きる 闘う 学ぶ 関西夜間中学運動50年』

    書籍著者

    『生きる 闘う 学ぶ』編集委員会 編

    評者

    長岡智寿子

    出版社

    解放出版社

    発行年

    2019年3月

    ISBN

    978-4759221688

  • 書籍タイトル

    障害者の生涯学習の推進方策について―誰もが、障害の有無にかかわらず共に学び、生きる共生社会を目指して―(報告)」

    書籍著者

    学校卒業後における障害者の学びの推進に関する有識者会議

    評者

    松田 泰幸

    出版社

    文部科学省

    発行年

    2019年3月

    ISBN

    なし(報告書)

  • 書籍タイトル

    戦後夜間中学校の歴史―学齢超過者の教育を受ける権利をめぐって

    書籍著者

    大多和雅絵

    評者

    黒川優子

    出版社

    六花出版

    発行年

    2017年6月

    ISBN

    978-4-86617-034-3

  • 書籍タイトル

    新たな出発(たびだち)の今(とき) 松戸自主夜間中学校の30年

    書籍著者

    松戸市に夜間中学校をつくる市民の会

    評者

    井上大樹

    出版社

    桐書房

    発行年

    2015年12月

    ISBN

    978-4876478606

  • 書籍タイトル

    オモニがうたう竹田の子守唄 在日朝鮮人女性の学びとポスト植 民地問題

    書籍著者

    山根実紀 著/山根実紀論文集編集委員会 編

    評者

    添田祥史

    出版社

    インパクト出版社

    発行年

    2017年12月

    ISBN

    978-4-7554-0282-1

  • 書籍タイトル

    躍動する韓国の社会教育・生涯学習―市民・地域・学び

    書籍著者

    梁炳贊・李正連・小田切督剛・金侖貞 編

    評者

    長岡智寿子

    出版社

    エイデル研究所

    発行年

    2017年6月

    ISBN

    978-4871685993

  • 画像は出版社のホームページより転載

    書評の掲載については、こちらからご相談ください。

    過去の書評