JASBEL 基礎教育保障学会

  • ひらがなページ
  • English Page
  • 한국어
  • 当学会について
  • 学会誌ダウンロード
  • 大会情報
  • ニュースレター
  • 文献ガイド
  • 関係機関ガイド
  • 教材案内
TOYOTA助成による日韓共同プロジェクト

書評の紹介

ここでは、学会誌『基礎教育保障学研究』でとりあげた書籍の書評を紹介しています。

  • 書籍タイトル

    『月明かりの学舎から 川口自主夜間中学と設立運動三十年の歩み』

    書籍著者

    埼玉に夜間中学を作る会・川口自主夜間中学三十周年誌刊行委員会 編

    評者

    関本保孝(元夜間中学校教員)

    出版社

    東京シューレ出版

    発行年

    2016年8月

    ISBN

    978-4903192314

  • 書籍タイトル

    『部落解放研究』第205 号 特集:識字・基礎教育保障の動向と課題

    書籍著者

    部落解放・人権研究所 編

    評者

    長岡智寿子(日本女子大学学術研究員)

    出版社

    解放出版社

    発行年

    2016年10月

    ISBN

    978ー4759277050

  • 書籍タイトル

    映画『まなぶ 通信制中学 60年の空白を超えて』

    書籍著者

    太田直子

    評者

    太田直子(自作を語る)

    出版社

    グループ現代

    発行年

    2017年3月

    ISBN

    http://film-manabu.com/

  • 画像は出版社のホームページより転載

    書評の掲載については、こちらからご相談ください。

    過去の書評

イベントカレンダー

タイトル

夜間中学のドキュメンタリー『こんばんはⅡ』完成記念上映会

説明
夜間中学のドキュメンタリー映画『こんばんは』の新作続編の完成記念上映会です。森康行監督のあいさつや関係者によるトークリレーもあります。参加費無料、事前申込不要。開場18時。
日時
2018年12月22日18:30~20:00
場所
エデュカス東京7階ホール
主催
夜間中学校と教育を語る会
タイトル

通信制中学のドキュメンタリー映画『まなぶ』上映会 ㏌ 福岡大学(監督来場)

説明
全国に2校だけの通信制中学。そのうちの1校の日常を丁寧に描いたドキュメンタリーの上映会です。①大学教員による作品背景の解説、②映画の視聴、③太田監督と夜間中学関係者によるトークショーの豪華3本立て。入場無料。
日時
2019年01月13日13:30~16:00
場所
福岡大学(福岡県福岡市城南区)
主催
福岡大学人文学部 教育・臨床心理学科
タイトル

映画『こんばんは』を観て考える

説明
埼玉リレーカフェは、「暮らしの中の様々な問題を取り上げる中で、個人と個人が緩やかに繋がっていく場」をめざしています。第30回目の例会として、夜間中学のドキュメンタリー映画『こんばんは』の新旧2作を上映します。1週目には見城慶和さん、2週目には森康行監督が来場します。各回300円、9時半開場。
日時
2019年01月19日10:00~2018年12月26日12:00
場所
浦和コミュニティセンター第13会議室
主催
埼玉リレーカフェ
タイトル

生活者のための日本語学習支援者養成講座

説明
地域で生活する外国人にとって必要な「日本語」とは?日本語を学ぶことをとおして、生活向上や社会参加につながり、自己形成がうながされる。「生活者のための日本語」はそのような学習支援をめざします。全3回のいずれかのみでの参加も可。
日時
2018年10月27日~2019年01月26日
場所
大阪産業大学梅田サテライト教室 レクチャールームA
主催
一般財団法人ダイバーシティ研究所(平成30年度文化庁「生活者としての外国人」のための日本語教育事業の一環として実施)

過去のイベント一覧